明日びより

30代40代女性のための婚活と恋愛の情報ブログ

夏の女性

music 洋楽

夏の洋楽は熱い!海とビーチで楽しみたい洋楽6選

投稿日:2018年7月29日 更新日:

久しぶりのブログ更新です。

気がつけば、もう夏・・・(遠い目)

夏に聴きたい曲を今さら出しても・・・
と思ったのですが、今年は台風も多かったことですし、梅雨明けも遅かった。

ここからエンジンがかかるんだよね?・・・ということでいってみます!

夏と太陽とビーチに洋楽 ウキウキする洋楽6選

1.Justin Bieber - Beauty And A Beat ft. Nicki Minaj

私が思う、夏にピッタリのの曲はこれです!

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)とNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)がコラボ!楽しいことが起こらないはずはないでしょう。

PVではみんなが集まってとにかく騒いで遊んで、開放的なひと夏の様子が伝わってきます。

歌詞の内容はとにかく男の子が女の子にメロメロのようで、とても歌いやすいですよ。
サビを訳してみました。

I wanna feel your body rock
僕は君の身体(ダンス)を感じたい
Cuz all I need is a beauty and a beat
必要なのは美しい君とビートだけ
Who can make my life complete
僕の生活は完璧になる
It's all 'bout you
君が全てだ
When the music makes you move
音楽に合わせて踊りたくなったら
Baby do it like you do
君の好きに踊ればいいんだ!

BBQのお供に、海水浴やドライブに聞くだけで爽快になれます。

 

2.Flo Rida - Let It Roll

夏と言えばFio Rida(フロー・ライダー)といっても過言ではありませんよ。
ほとんどの曲が夏仕様なので、どの曲を聴いてもらっても楽しめます。

PVを見ていただいたら分りますが、難しいことは言いっこなし!
ノッてノッてノリまくってください!

 

3.Baddest Girl in Town ft. Mohombi & Wisin

お祭り番長といえばこの人Pitbull(ピットブル)
私の家ではセクシーなハゲと呼んでます。

たまには新しい曲を取り上げねば!と個人的に頑張ってみました。
今年の7月に発売されたばかりです。
ラテン調の陽気で激しい曲になっており、夏にはピッタリ。

個人的には海でイカ焼きでも頬張りながら聴きたいと思います。

ところでこのフューチャリングしているMohombi & Wisin、
お名前は英語ではないようです。(スペイン語?)
略してモンビさんと呼びますが、情報がまったく出てこないんです。

これからの人なのかな?要注目です。

 

4.Nicki Minaj - Starships

日本でも大流行したNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)の曲です。
蛍光色が似合いますね。それにしてもいつみてもプリプリのナイスバディーです。

歌詞もビーチ仕様。

Starships were meant to fly
宇宙船て飛ぶためにあるんでしょ
Hands up and touch the sky
手をあげて!空にタッチできるほど
Can’t stop ‘cause we’re so high
ハイになってるから止まらないよ
Let’s do this one more time
もう1回しようよ!

非常に前のめりに要約しますと「とにかく踊り歌え、ハイになれ!」というところでしょうか。

 

5.Nickelback - This Afternoon

Nickelback(ニッケルバック)といえばなかなか社会的な曲が多いバンドな気がします。
厳しい現実を直視するような曲が多いというか。

またギター・ボーカルのChad Kroger(チャド・クリガー)はアヴリル・ラヴィーンと結婚したことでも話題になりました。

いつも眉根を寄せている印象が強いですが、今回は開放的な夏らしい曲を歌っています。

特にこの曲はシチュエーションが面白くて
ジャイアンなボスに
「女の子にイイカッコみせたいし、バンドとか連れてこいや」
みないなことを言われ、下っ端が無理やり連れてこられたのがNickelback。
さるぐつわまでされてるからちょっと笑えます。

「Just sitting around, hanging out this afternoon」
その辺に腰をおろして午後をのんびり楽しむだけさ

少し投げやり、それでいて大人の午後を楽しむ言いぐさは、なんとも彼等らしいと思いました。

 

6.Red Hot Chili Peppers - The Adventures of Rain Dance Maggie

この曲は2007年以降、Red Hot Chili Peppers(レッドホットチリペッパーズ)の4年ぶりのシングルになります。

彼等にとっても、またファンにとっても待望の新曲でした。

「夏らしいのか?」と言われるとちょっと困るのですが
発売されたのが2011年の夏だったということ、
PVはカリフォルニアのベニスビーチで撮影されたということもあり、
なんとなく夏らしい仕上がりになっています。

もともとレッチリの歌は意味不明な歌詞が多く、抽象的なので訳するのも困るのですが、
特にこのThe Adventures of Rain Dance Maggieでは、マギーという女性が多々でてきます。
「彼女を味わいたい」
「彼女が全てを教えてくれた」
など女神のような存在にも見えます。

私にはマギーという女性がレッチリにとっての光であり、幸運の女神のように感じました。

-music, 洋楽

Copyright© 明日びより , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.